イギリス英語とアメリカ英語の違いを聞き比べてみよう ボリス編

イギリス英語とアメリカ英語が違う、というトピックを昨年の記事で紹介しました。では具体的にどれほど違うのか。Bloombergの公式チャンネルに両者の違いが分かる良い動画がありましたので紹介したいと思います。

動画は現英首相のボリス・ジョンソン氏がロンドン市長在職中に、EU離脱について、ニューヨークの報道チャンネル「Bloomberg」のキャスターと対談するというもの。

ボリス・ジョンソン氏は上流階級の子弟が通う名門パブリックスクール・イートン校からオックスフォード大学に進学しているイギリス屈指のエリート。ボサボサの頭で失言を連発する日頃の行いからは想像し難いのですが、日本の学歴に例えるならば、開成から東大コースと、幼稚舎から慶応コースを足して2で割ったような輝かしい経歴の持ち主です。

そんな彼はパブリックスクールとオックスフォード大学で、英国紳士の必須条件ともいえる「RP English (容認発音)」を、マナー教育の一環として徹底して叩き込まれているはず。更に大学での専攻が古典であることから、典型的なイギリス上流階級英語の話者とみていいでしょう。

いっぽうの「Bloomberg」のキャスターは典型的なニューヨーク英語を話すアメリカ人。私たちが学校で習ってきた英語なので、多少テンポが速くとも違和感なく聞き取れるのではないでしょうか。

[PR]洗練されたイギリス英語の言いまわしを習得したい方へ 岡田昭人 オックスフォードの英語

ここで注目したいのが、キャスターのアメリカ英語をジョンソン氏がやや怪訝な表情で受け止めている点。イギリス人はイギリス流の発音への拘りが強く、他国の訛りを素直に受け止められないといいますが、英国人としての自我が殊更強い彼もまた、アメリカ英語に違和感を覚えたのでしょう。

キャスターの方の英語も綺麗で親しみやすいと思うのですが、英語発祥の国としてのプライドが拭えないようです。

ちなみにイギリスで迂闊にSoccerと言ってしまうと、Footballと言え、としかめ面をされるとよく聞きます。

この記事を書いた人

『TRANS JOURNAL』編集者なり。神奈川県出身。京都外国語大学外国語学部卒。在学中に上海師範大学に留学。卒業後は製紙会社などに勤務。翻訳もたまに。ここでは興味の赴くままに、イギリス帝国や中国に関する記事を執筆。