電車釣行でもかさばらない軽量・コンパクトなライフジャケットまとめ

身近な水辺で気軽に気晴らしのできる釣り。近年では釣りガールの出現と相まって、ちょっとしたブームが起きているように思います。しかし自然相手の趣味なので、危機管理を甘く見てはいけないというのも事実。多くの釣りポイントに柵は無く、釣り人は常に落水事故の危険にさらされています。

海上保安庁のデータによると、過去10年間における釣り中の海中転落者数は1,824人。そのうち死亡又は行方不明者の数は920人と、一度海に落ちたら約半数の人は生きて帰れないという恐ろしい結果が浮き彫りになりました。

一方で、過去10年間の海中転落による死者・行方不明者のうち、ライフジャケットを着用していなかった人の割合は88.7%、着用していた人の割合は11.3%と、圧倒的にライフジャケット非着用者が死んでいるという事実もあり、ライフジャケットが強力な護身手段となることも証明されています。

「堤防釣りでは大袈裟だ」「電車釣行なので面倒くさい」という気持ちも分かるのですが、各メーカーからコンパクトなライフジャケットも発売されているので、死にたくなければ誰しもが着用すべきなのではないでしょうか。

SuperSunny・手動膨張式ライフジャケット

こちらはアマゾンで最も人気のライフジャケット。手動膨張式なので落水時に紐を引く必要がありますが、本体重量500g、本体サイズは68×5×5cmと、軽量・コンパクトな設計が実現されています。コストパフォーマンスにも秀でているので、命と比べればとても安い投資といえるでしょう。

ブルーストーム・小型船舶用救命胴衣 タイプA 自動膨張式

国土交通省型式承認・桜マークのライフジャケットでお馴染みの高階救命器具のブランドです。なかでもこちらはウェストベルトタイプで最もベーシックかつ最新の技術を凝縮させた仕様。軽量・コンパクトながら安心の自動膨張であなたの命を守ります。高級感もあり、ファッション性を損なわないのが嬉しいところ。

ダイワ・ウォッシャブルライフジャケット 自動/手動膨張式

大手釣り具メーカー・ダイワの国土交通省認定自動膨張式ライフジャケットです。細身のウェストラインにもフィットする立体裁断設計、調整域の広いウェストベルト(55~140cm)で女性にも優しい仕様となっています。やや高めですが、強度と耐久性のあるメーカー品で、洗えるものを購入したいという方におすすめです。

シマノ・ライフジャケット ウェストベルトタイプ 自動膨張式

大手釣り具メーカー・シマノ製のライフジャケット。ダイワ製のものと同じく国土交通省の認定商品です。畳みやすい気質仕様で収納が簡単なほか、浮力材を取り外せば洗濯機による選択が可能。チャコールピンクなど、女性が身に着けても違和感のないデザインが特徴です。

この記事を書いた人

パックフィッシャー、それは、一本のモバイルロッドに全てを託した至高の釣り人。三浦、湘南、伊豆、沼津をフィールドに、コンパクトな釣りを綴っています。